ぴったりの指輪のサイズの見つけ方

指輪のサイズについて

自分にぴったりの指輪のサイズの見つけ方のお話です。

まず知っておくべきポイントは以下の6点です。

  1. 季節(気候)で変わる指輪のサイズ感
  2. 体調によって指の太さは変化する
  3. 指の形によって、指輪のサイズの決め方は違う
  4. 用途、リング幅によって指輪のサイズは変える
  5. 自分の指輪のサイズを見つける手順
  6. 将来必要かもしれない指輪のサイズ直し

それでは、順番にご説明していきますね。

【1】季節(気候)で変わる指輪のサイズ感

日本には四季があります。
夏は暑く湿気が多く、冬は寒く乾燥します。
その気候の変化によって、指輪のサイズ感が変化します。

まずは、夏です。
夏は暑く湿気が多く汗ばむ季節です。
暑さで指が膨らみ、湿気で指輪が指にへばりつきます。
その結果、指輪が窮屈に感じます。

次に冬です。
冬は寒く、乾燥する季節です。
寒さで冷えた手の指は縮み、乾燥が指輪をスルスルと滑りを良くさせます。
その結果、指輪がゆるく感じます。

ここからいえることは、指輪のサイズ感は年中同じではないということです。
ですから、指輪のサイズは、一年の気候を通じて考える必要があります。

《お気をつけて》
海水浴やプールで泳いでいると手が冷えて、指が縮み、知らないうちに指輪を落としてしまう事故があります。どうぞご注意ください。

【2】体調によって指の太さは変化する

お酒を飲んだり、朝起きると体がむくみやすい方。
そんな体質の方は、指も同じようにむくんでいるかもしれません。
そのような体質の方は指輪がきつい時が思う瞬間があったりします。
そんな場合はこのように考えましょう。

決める指輪のサイズ = むくんでいない時(平常時)で考えましょう。

理由はむくんでいる時のサイズに設定してしまうと平常時がゆるくなります。
ゆるくなると不意に指輪が抜け落ちて、何か事故が起こるかもしれません。
ですから、むくんでいる時は異例の状態と判断する必要があります。

しかし頻繁にむくんだりする方は、どこを平常時にするかを決めてから、指輪のサイズを決めてくださいね。

【3】指の形によって、指輪のサイズの決め方は違う

「関節の高い指」 「ぽっちゃりな指」の場合で、考え方を変える必要があります。

まずは下のイラストをご覧ください。
あなたの指は「関節の高い指」「ぽっちゃりな指」どちらに近いですか?

  • 「関節の高い指」の人

    関節の高い指
    指輪のサイズは、指の関節部分(指の節)でサイズを合わせることになります。

    指の節の部分に指輪がグッと密着し、指の奥まで入れると空間が生まれます。
    この場合、指輪を指に固定させている部分は、指に密着する「指の節」 になります。

  • 「ぽっちゃりな指」の人

    ぽっちゃりな指
    指輪のサイズは、指の根元で合わせることになります。

    指の関節の部分には指輪は当たらず、指の奥の肉と密着することにより、指輪が固定されることになります。
    この場合、指輪と指の奥の肉が密着して、圧迫感が生まれ、見た目もむっちりとし、違和感を感じる場合もあります。
    しかし、肉の密着で指輪を固定していますので、指輪のサイズを大きくすると引っかかる場所が無く、スルッと抜けてしまいます。
    リング幅が太く重量が重い指輪は、なおさら抜けやすくなります。
    そこで結婚指輪の特徴で常時着けるのであれば、指輪と指の奥の肉の密着感は、指の肉が自然と指輪のサイズに合わせて逃げることにより、気にならなくなる場合もあります。

【4】用途、リング幅によって指輪のサイズは変える

まずはあなたの指輪の用途は、幅はどれに当てはまるのか見てみましょう。

  1. 婚約指輪のサイズの決め方
  2. 普段使いの指輪のサイズの決め方(ファッションリング編)
  3. 幅広リング(リング幅4.0mm以上)のサイズの決め方

【4-1】婚約指輪のサイズの決め方

婚約指輪のサイズはこのような点を考えて決めてください。
結婚指輪と重ね着けする場合は、婚約指輪は1〜0.5号大きめをご検討ください。
その理由は、同じ号数であれば2本目の指輪は1本目の指輪よりもきつく感じます。
それは指の肉の逃げ場が少なくなるためです。
また婚約指輪は時折着けるアイテムであれば、その時の指のむくみ具合も鑑みて、少し余裕を見ておくほうが良いでしょう。
反対に、結婚指輪のように毎日着けっぱなしのアイテムは、ぴったりのサイズがおすすめです。

【4-2】普段使いの指輪のサイズの決め方(ファッションリング編)

その指輪はいつ使いますか?
お出かけの時ですか?
日々のお仕事でも使いますか?
頻繁に使うのであれば、指輪のサイズはぴったりめが良いと思います。
しかし不定期のお出かけであれば、少し余裕を見たほうが、当日の体調で指がむくんだ日でも安心して使えます。

【4-3】幅広リング(リング幅4.0mm以上)のサイズの決め方

ハワイアンジュエリーのようなリング幅が4.0mm以上の幅広リングは、サイズ計測のサイズゲージで合わせたサイズよりも、少し大きめ(+0.5〜1号)で作る必要があります。
それは幅の広い指輪は、指の肉の逃げ場が少なくなり、圧迫感が細い指輪よりも増します。
その結果、サイズ計測時よりも、オーダー後に実物を身に着けた時、きついと感じることがあります。

それを体験していただく方法として、サイズ計測時にサイズゲージの連続する号数を重ねて指に入れてみてください。
例えば10号一本を指に入れた時と、10号と11号を重ねて指に入れた時を比べてみてください。
その圧迫感の違いを知ってから、希望のサイズをご検討ください。

【5】自分の指輪のサイズを見つける手順

  1. 入らない号数を見つける
  2. ぶかぶかな号数まで、一号ずつあげて試着する
  3. 候補の号数を2つほど決める
  4. 半号刻みも考慮に入れ、サイズを決める
  5. あせらず、ゆっくり、じっくりと

指輪のサイズは、どんなに大きなサイズでも、どんなに小さなサイズでも、また10号と11号の間10.5号という中間のサイズでもお作りできます。
ずっと身につける指輪です。
あなたにぴったりの指輪になれるよう精一杯お手伝いいたします。
また将来サイズが合わなくなった場合も、サイズ直し可能ですのでご安心ください。

【6】将来必要かもしれない指輪のサイズ直し

指輪のサイズ直しという加工作業は、指輪の一部を切断し、金属を足し引きし、溶接して仕上げます。
指輪を切断、火を使った溶接作業があるため、デザインによってはサイズ直しが出来ないものがあります。
将来のサイズ直しをご希望の場合は、ご相談時にその旨をお伝えください。

  • 石が指輪を一周ぐるりと入るデザイン(フルエタニティリング) → サイズ直し不可
  • 彫り模様、表面加工など表面を加工したデザイン → デザインの一部が途切れる場合があります
  • 内側に石が入ったデザイン → 大きな号数の変化がしにくい場合があります
  • 指輪の裏の文字刻印 → サイズ直し時に消えますが打ち直せます

デザインが複雑になれば、その分サイズ直しが難しくなりますが、できる限りのご要望には工夫をして、お応えさせていただきます。

ページの
先頭へ