【9112話】 ペリドットを使った婚約指輪

ペリドットを使った婚約指輪

ペリドットを使った婚約指輪 ペリドットを使った婚約指輪 ペリドットを使った婚約指輪
↑ マウスを重ねると大きく表示できます ↑

ペリドットを使った婚約指輪

 

アイテム リング
石のカット ラウンド
石の大きさ 0.305ct
制作方法 セミオーダー
金属の種類 プラチナ
ジュエリーリフォーム物語

「婚約の証として彼女の誕生石であるペリドットを使った、シンプルなプラチナのリングを考えています。
彼女とも話をし予算20円万未満で考えていますが、可能であればダイヤモンドとの組み合わせができればなお理想です。
ペリドットは衝撃に弱く扱いに注意と聞いたことがあるので少し心配ですが。
いろいろ検討したいと思ってるので、当日はご相談させてもらいたく、またご提案いただきたく思ってます。よろしくお願いします。」とご来店予約をいただきました。

当日はカップルでお越しくださいました。
お話の始まりは、作りたい婚約指輪のイメージをお聞きすることからでした。
その上でご説明させていただいたことは、イメージをデザインに反映するとどんな婚約指輪になるのか、どれくらいの価格帯でできるのか、使用するダイヤモンド、ペリドットの石の特性はどんなものなのかをお伝えさせていただきました。
そしてお二人の中にあるイメージから、理想の婚約指輪導き出すための選択肢や鉱物学的情報を知っていただいた上で、中石にダイヤモンド、脇石にペリドットを使う婚約指輪にすることに決まりました。

次はデザイン選びです。
数あるサンプルの中から、好きなデザインをピックアップしていき、その中からお気に入りの一点を終始お二人で相談しながら決めていかれました。
またダイヤモンドの品質は、お二人である程度相談しながら進んでいきましたが、最終決定は彼が決められ、カット:3EX H&C、カラー:E、クラリティ:VS2でお作りさせていただきました。

完成の時期はクリスマスでしたが、後日彼氏さまより連絡があり、サプライズの計画を教えていただき、そのスケジュールに合わせ完成を進めさせていただきました。

お客様R・Yさま、A・Yさま、ご結婚おめでとうございます。
サプライズで彼女さまが喜ばれること、心からお祈りしております。