【8752話】 リフォーム後に残った枠とメレ石

リフォーム後に残った枠とメレ石

リフォーム後に残った枠とメレ石 リフォーム後に残った枠とメレ石 リフォーム後に残った枠とメレ石
↑ マウスを重ねると大きく表示できます ↑

リフォーム後に残った枠とメレ石

 

アイテム リング
石のカット ラウンド
石の大きさ 直径1.6〜1.8mm×10個
制作方法 セレクトオーダー
金属の種類 プラチナ
ジュエリーリフォーム物語

前回リフォームした時に残ったメレ石が付いたリング枠でした。
それを使い、ハーフエタニティリングを作りたいとご相談にいらしてくださいました。

残ったリング枠のプラチナは溶かして、新しいリングの土台になりました。
次にリング枠に付いていた小さいメレ石は、ラウンド(丸)とテーパー(台形)の2種類ありました。
使用したものはラウンドの宝石を10個です。
テーパーはまっすぐ並べて使いづらいので、今回は使いませんでした。

リフォームの際にイメージに近いものに仕上げるコツは、全てを使おうとしないことです。
残るともったいないと感じますが、気に入ったものを作って、愛用してこそ、作った甲斐があるというものです。

どれを使えば、どんなイメージになるかは、私たちにご相談くだされば、数あるサンプルを使ってお伝えします。
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

お客様M・Yさま、素敵なジュエリー作りのお手伝いをさせていただき、本当にありがとうございました。
これからも指輪と共に、素敵な思い出がたくさん増えますよう、心から祈っております。