ジュエリーに使われる金属について

ジュエリーに使われる金属

お店やブランドにより、ジュエリーには様々な金属が使われます。
目先のデザイン性や奇抜さに走り、将来サイズ直しができない、修理ができない素材で作るお店も少なくありません。
見た目のデザインも大切ですが、私たちがお作りするジュエリーはお客様の元でずっと輝き続け、そして受け継がれるものとなっていただきたいと考え、作っております。
だからこそ、使用する金属は、宝飾品(ジュエリー)のみが持つことができる価値をお約束できるものでありたいと考え、以下の3つを私たちの使用する金属の基準と定め、プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの貴金属を使用しております。

私たちの使用する金属の基準

金属のご紹介

プラチナ

プラチナ

通常はプラチナ純度90%のプラチナ900(PT900)を使用しています。
特別な場合のみ、PT1000、PT950でもお作りしております。
プラチナは銀色の光沢を持つ金属です。
柔らかく、しなやかな、展延性に優れたプラチナは、宝石をしっかりと支え続け、細かい加工や細工が綺麗に仕上がる金属でもあります。
また化学的腐食に強く、非常に安定していますので変色などがありません。

イエローゴールド

イエローゴールド

通常は金の純度75%の18金(K18YG)を使用しています。
特別な場合のみ、純金(純度100%)の24金(K24YG)でもお作りしておりますが、24金はとても柔らかいため、へこみ、傷、曲がりが目立つ金属になりますので、身に着ける装飾品の素材としては必ずしも最適とはいえませんので、お作りになる上で注意が必要です。
金もプラチナと同様、柔らかく、しなやかな、展延性を持ち、化学的腐食に強く、装飾品として優れた品質を持つ金属です。

ピンクゴールド

ピンクゴールド

金に銅を混合することでピンク色になります。
通常は金の純度75%の18金(K18PG)を使用しています。
また鍛造の場合、パラジウムを少量加えることによってより彩度の高いピンク色を生み出すことができます。繊細な割金の調節で生み出されるピンク色は宝石職人の永年培った知恵と技術の賜です。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールド

金にパラジウムを混合することで銀色化します。
プラチナより安価で銀色を楽しめますが、仕上げにメッキが必要になりますので、純粋に銀色がお好きなお客様にはプラチナをお薦めいたします。
通常は金の純度75%の18金(K18WG)を使用しています。
また金の純度が58.3%と低い14金(K14WG)もございますが、金の純度が低くなりますと、硬く割れやすい金属となりますのでお薦めはしておりません。

お持ちの金属を溶かして使用することも可能です

お持ちのジュエリーに使われている金属(他社製品も可)を溶かして、新しいジュエリーをお作りすることができます。

お客様の金属(プラチナ)を
溶かしている風景

(画像をクリックすると動画がご覧いただけます)

お持ちの金属(金・プラチナ)を溶かして、ジュエリーを作ることができます。

私たちのお店では、お客様がご希望であれば、お持ちの金属である、金・プラチナを溶かして、新しいデザインのジュエリー作り変えることができます。

職人さんがお客様の金属(金・プラチナ)を高温で丁寧に溶かしていきます。
溶かした金属は再び職人さんの手によって、新しい形のジュエリーへと生まれ変わります。
新しいものでは表現できない価値をしっかりと形にしていきます。

※種類によっては、「 溶かして作る 」ことができない金属がございます。以下の注意点をお読み下さいませ

注意点1:ネックレス、チェーンからはお作りできません。

ネックレスやチェーンは、接合部分を溶接するために、接合用の合金「ろう」を多く使用しています。
そのためネックレスやチェーンを溶かして作りますと、
「ろう」が多いことから、金属全体の純度が低くなり、割れやすい金属となりますので、お作りすることができません。

注意点2:ホワイトゴールド、ピンクゴールドからはお作りできません。

再生すると(溶かして作りなおすと)割れやすい金属となるため、溶かしてお作りすることはできません。

注意点3:ハードプラチナ(PT1000)からはお作りできません。

ハードプラチナは、純プラチナ(PT1000)に特殊な貴金属を混ぜ合わせた特殊な合金のため、溶かしてお作りすることはできません。

注意点4:14金、10金などの純度の低いイエローゴールドからはお作りできません。

割金の比率が各社各様で不明確であり、割れやすい金属となるものがあるため、溶かしてお作りすることはできません。

お持ちの金属を溶かして作りたいお客さまへ

私たちがジュエリー(宝飾品)に携わり実感しましたことは、
「ジュエリーは、人生を共に過ごし、受け継がれるものとなる」ということでした。

だからこそ、お客様が大切にされるものを大切にし、
親子三代、孫の代まで安心して使っていただける品質とサービスをご提供いたします!

ページの
先頭へ